専門学校の学習内容

大学・短大進学することが当たり前だった時代に比べ、昨今では専門学校を選択する学生が増加しています。その理由としては、専門分野についての知識や技術を効率的に学ぶことができる上に、資格取得や就職に有利であるメリットがあることが挙げられます。専門学校のイメージは、医療系、デザイン・音楽系、簿記・経理等の商業実務系が主でしたが、現在の専門学校では、ありとあらゆる分野におけるスペシャリストの教育の為に、様々な学科が設置されており、選択肢の幅が多岐に亘っていますので、進学に迷っている、あるいは社会人の方でも、興味のある分野の技術の取得を目指している場合等は、専門学校に通うことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

専門学校の主な学習内容としては、情報処理・自動車整備等の工業分野、農業・園芸・バイオテクノロジー等の農業分野、美容・調理・栄養等の衛生分野、保育・介護福祉等の教育社会福祉分野、経理や簿記・秘書等の商業事務分野、ファッションデザイン等の服飾家政分野、デザイン・音楽・美術等の文化教養分野、介護・歯科衛生・作業療法等の医療分野があります。

専門学校は1~4年制までありますが、その半分以上が2年制となっています。医療分野においては、国家取得の為に3年制以上になることもありますが、履修修了後に更に高度なコースを進むことができる専門学校もありますので、自分の目的に沿ったカリキュラムを選ぶことができます。